ブログタイトル

屋根塗装をしませんか?

外壁塗装について聞いたことがある方は多いかと思います。
しかし、屋根塗装はどうでしょうか?

屋根の修理といえばずれている瓦を直したり、
屋根材を張り替えたり、、、

そんなことを想像するのではないでしょうか?

実は屋根にも塗装があります。

屋根を塗装すると、防水性が高まり、防錆性も高まります。

また、屋根材の保護にもなり、遮熱性や断熱性の効果もあります。

屋根材の保護になるということは、
屋根材が劣化するのが遅くなるということです。

そうなると、雨漏りも起こしにくいので
雨漏りについて心配する必要がないですよね。

そして遮熱性、断熱性が上がると夏は涼しく、
冬は暖かく過ごせるようになります。

実は家の中の温度は、屋根から受ける影響が大きいのです。

屋根に遮熱性、断熱性が無ければ、屋根に当たる日差しを
そのままうけることになり、屋根裏に熱がこもります。

その熱で部屋が全然涼しくならないのです。

それに、過ごしやすくなるということはエアコンを使う機会が減り、節約もできますし省エネですよね。

このように屋根塗装には多くのメリットがあります。

ぜひ屋根塗装をすることを検討してみてはいかがでしょうか?

外壁塗装することの効果について

あなたのお家の外壁はきれいですか?
ひびが入ったりしていませんか?

実はそれを放っておくと大変なことになります。

外壁に傷を見つけてすぐに修繕することを考える人は
どれくらいいるでしょうか?

外壁の傷を放っておくと大変なことになりますと言いましたが、
実際に外壁が崩れていることによる被害を感じるのは
雨漏りしたときではないでしょうか。

雨漏りするということは、内部まで水分が浸透している
ということですので大がかりな工事になってしまいます。

しかし外壁塗装をしっかりしていると雨漏りを防ぐことができて、
さらに様々な効果を得られます。

まずは外観ですよね。
外壁が美しいとそれだけでお家全体が素敵に見えたりするものです。

外壁に色あせが表れている家を見て誰も素敵だと思いませんよね。

そして、外壁塗装は外壁の耐久性を高める効果があります。

塗料が外壁を風や雨から守ってくれるのです。

ですので、外壁が劣化するのも遅れますよね。

さらに遮熱、断熱効果です。

冷暖房効果があり、温度が上昇しにくくする効果があります。

遮熱と断熱を合わせて使うと効果は大きいものになるのです。

また、塗料によっても効果が違ってくるものがあります。

あまり意識しないですが外壁は私たちが暮らすうえで
とても重要な役割を果たしてくれているのですね。

外壁塗装にぴったりの時期とは

外壁塗装の工事をする時期について考えたことはありますか?

外壁塗装は屋外で塗料を塗る作業ですから、
天候や気温によって左右されることがあります。

まず、雨の日や湿気の多い日は作業ができません。

ですから、梅雨の季節や台風の季節に行うのはあまり適しているとはいえません。

そして、真夏、真冬も避けた方が無難です。

塗装は、気温5度以下や湿度85%以上になると
塗料が乾きにくくなるのです。

そして、真夏の日のような暑さだと冬とは逆で
塗料が早く乾きすぎて泡になってしまうことがあります。

塗料はゆっくり適切なスピードで乾いていくことが理想なので、
これではダメですよね。

以上をまとめると、
秋から冬にかけて塗装工事を行うのが一番適しているといえます。

しかし、必ずその時期にできるとは限らないですよね。

その場合はできる限り雨の少ない予報のときに頼んだり、
いざ雨が降っても対応できるように工期の予定を
長めにみておくことが大切です。

特に急ぎではないし工期が延びてもいいという方は、
気温5度以下か湿度85%以上を避ければ、
基本的にいつでも行うことができます。

外壁塗装をお考えの方は今がそのチャンスですよ。

スタッフ紹介

  • 堺市堺区
  • 堺市中区
  • 堺市東区
  • 堺市西区
  • 堺市南区
  • 堺市北区
  • 堺市美原区
  • 大阪市
  • その他

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!