ブログタイトル

絶縁工法について

防水工法には様々な工法がありますが、
その中でもウレタン防水などの工法では、
その工法をどう施すか?という分類がまた存在しています。

前回はその分類の中でも、密着工法についてご紹介しました。

防水膜を下地に密着させてしまうため、
防水後その上を歩くことができるという利点がありましたが、
下地に含まれている水分の影響を受けてしまう
という点は考えものでしたね。

今回は、絶縁工法についてご紹介させていただきます。

絶縁工法とは、防水層を下地に密着させずに
浮かせる工法のことを言います。

防水層を下地に密着させない分、
密着工法のように下地からの影響を受けることは無いので、
下地の状態に関係なく施工することが可能です。

下地にひび割れなどが生じていたり、
多少濡れていたとしても施工可能な工法もあります。

また、下地からの影響を受けにくいこともあって、
防水層の耐久度も長くなりやすくなっていますよ。

次回以降の工事のコストを下げることにも繋がるので、
ランニングコストを抑えることも可能です。

しかし、密着工法のように
防水工事を施した上を歩くことは難しくなります。

軽歩行は可能ですが、
密着工法に比べると重歩行は難しくなってしまうのです。

施工面の用途と合わせながら、どちらを選ぶかを決めてくださいね。

密着工法について

防水工法には、シート防水やウレタン防水など、
様々な工法があるということは、以前ご紹介しましたね。

特にウレタン防水やゴムシート防水に関しては、
その工法のメリット・デメリットに関してもご紹介してきました。

実は、このような工法の中には、さらに
「この工法をどう施工するのか?」
という細分化までされているものがあります。

例えば、ウレタン工法などが当てはまります。

この分類が、密着工法と絶縁工法です。

まず今回ご紹介させていただくのが、密着工法です。

密着工法とは、
防水層を下地に完全に密着させる工法のことを言います。

工期を比較的短くすることができ、
コストパフォーマンスが良いことが特徴的です。

工法によっては施工後その上を歩行することができるので、
地面に対して防水工法を行いたいという際には、
密着工法を取った方が良いと言えそうですね。

ただ、防水層が下地に密着しているため、
下地に含まれている水分の影響を受けやすくなってしまいます。

そのため、防水層にひび割れが生じてしまったり、
膨れが発生してしまう恐れがあることに注意が必要です。

いかがでしたか?

次回は、続きとして絶縁工法についてご紹介させていただきます。

シート防水について

防水工事には、様々な工法があります。

なかでも代表的なものとして以前紹介させていただいたのが、
ウレタン防水ですね。

施行場所の条件を問わない塗料であることから、
非常に人気な防水工法でした。

しかし、ウレタン防水には手入れをこまめにしなければ
耐久年数がそれほど長くならないというデメリットもありました。

そこで今回は、耐久年数が長めのシート防水、
なかでもゴムシート防水についてご紹介させていただきます。

シート防水とは、シート状に成型された防水シートを接着剤などで
下地に貼り付ける防水工法のことをいいます。

シートそのものが安定した分子構造を持ち、
ゴムである為伸縮性にも優れ、耐候性が良いということが特徴的ですね。

ウレタン防水同様、コスト面で比較的安価であり、
手軽かつ短工期で済むのも魅力的です。

温度による物性変化も少ないので、
施行地域による制約も少なく済ませることができるでしょう。

ただし、シートである以上厚みが薄めなので、
損傷しやすいというデメリットがあります。

シートを接着する工法であり下地が平らなことは欠かせませんので、
複雑な形状には採用しにくくなっているのも忘れないようにしましょう。

防水工法にはまだまだ様々なものがあります。

防水工事を行う際には、それぞれの工法のメリットと
デメリットをしっかり把握してから工法を選んでくださいね。

スタッフ紹介

  • 堺市堺区
  • 堺市中区
  • 堺市東区
  • 堺市西区
  • 堺市南区
  • 堺市北区
  • 堺市美原区
  • 大阪市
  • その他

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!