ブログタイトル

外壁塗装と屋根塗装を同時にするのはあり?メリットとデメリットを紹介します!

外壁塗装を検討中の方の中には屋根塗装も同時したいと思っている方も多いのではないでしょうか。
実は、2つの工事は同時進行で行うことで様々なメリットがあるんですよ。
ただ、覚えておかなければならないデメリットも存在します。
今回は外壁塗装と屋根塗装を同時にしたいと考えている方向けに役立つ情報をお届けします。

□外壁塗装と屋根塗装を同時にするメリット

2つの塗装を同時に行う最大のメリットと言えるのが別々にするよりも、費用が安くなることです。
外壁塗装や屋根塗装は、基本的に高所作業です。
高所作業のためには当然足場を組む必要がありますが、足場の設営には多額のお金がかかります。
もし2つの工事を違うタイミングでするとなると、この高額な足場代が同時に行う場合よりも高くなってしまいます。
足場代の費用を抑えられるというのは非常に強いメリットですね。

また、作業期間は足場が家を取り囲み、複数の作業員がいる状態になります。
人によっては、周りに人がいて見られていないかと不安になってしまうこともあるでしょう。
そういった心理的不安の面から考えても、2回の工事を1回で済ましてしまうのが良いと言えます。

□注意しておかなければならないデメリット

足場代が1回分しかかからないので費用が安くなるということはお伝えましたが、やはり1度に大きな金額を払わなければならないのはデメリットになります。
費用については予算と照らし合わせて家族とも相談しながら検討しましょう。

また、2つ一緒に工事するとなるとそれだけ工事に要する期間も別々にするよりかかってしまいます。
長期間の工事になると、近隣住民への配慮が必要になることもあるので注意しなければなりません。

他にも、同じ年数が経過していると言えど絶対に外壁と屋根が同じような劣化状態であるとは言い切れません。
しかし、片方しか塗装の必要がないなど、劣化状況の差があっても数年かからないうちにもう片方も塗装する必要が出てくるものなので、同時にしたい場合は劣化状態の診断をまず先に行って、頃合いを見て工事するか検討するという対策ができます。

□まとめ

今回は外壁塗装と屋根塗装を同時に行うメリットとデメリットについて紹介しました。
2つ同時に行うのは高額な足場代が1回分で済むので費用の面において大きなメリットがあります。
塗装工事は非常にお金がかかる工事なので、予算と相談しながら節約できるところは節約していきましょう。

スタッフ紹介

  • 堺市堺区
  • 堺市中区
  • 堺市東区
  • 堺市西区
  • 堺市南区
  • 堺市北区
  • 堺市美原区
  • 大阪市
  • その他

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!