ブログタイトル

屋根だけじゃない!雨漏りの原因とは?

できれば遭いたくない水漏れの被害ですが、いつどんな時に起こっても良いように対策しておきたいところですね。
では、実際に起きたときには原因の箇所が分からなければ適切に対処できません。
今回は、水漏れの中でも雨漏りに絞ってその原因について紹介したいと思います。

□水漏れの主な3つの原因とは?

1つ目は、屋根です。
屋根から雨漏りするケースは想像しやすいと思います。
実は、住宅の中でも屋根は日ごろから日光や雨を受けていて、ダメージが蓄積されている場所です。
屋根は主に経年劣化や雨や風などの自然災害で壊れてしまい、雨が侵入することがあります。

2つ目は、外壁です。
外壁も雨漏りの発生しうる箇所で、強い風の影響で斜めに降った雨が劣化した外壁のひび割れによって侵入することがあります。
雨は外壁に浸透すると内部にどんどん染み渡っていき、最終的には室内の壁にまで到達してしまいます。

3つ目は、ベランダ・バルコニーです。
ベランダやバルコニーには、雨漏りが発生する可能性がある箇所がいくつかあります。
手すり、排水溝、窓などです。
手すりが破損した場合、雨水の浸入で室内まで漏れてくることがあります。
排水溝の場合は泥によって詰まってしまった時、排水機能がなくなり窓から浸水することになります。

□水漏れへの対策は?

対策として有効なのが、防水工事の実施です。
防水工事とは、建物の降雨水を遮断し、漏水を防ぐための工事です。

防水工事にはいくつか種類があり、その場所に適した工事を施しておくことで有効な水漏れ対策となります。
屋根や外壁に厚みを与えることで防水性能を強化できます。
また使う塗料によって様々な条件下での防水加工が可能で、建物の事情にあった方法で水漏れへの対策を講じられます。

また、雨漏りしてしまった後でも防水工事によって、シリコンコーティング処置や、防水テープ処置によって応急処置ができます。

これら水漏れが起きてしまったときには、防水工事で外壁や屋根を応急処置するとともに強化しましょう。
また、築年数によっては、水漏れの被害が建てたときの施工不良による可能性もあるので、直すだけで終わらず原因の究明に努めるということも大切です。

□まとめ

今回は、水漏れの原因とその対策である防水工事について簡単に紹介しました。
水漏れの原因はいくつかありますが、ほとんど全てのケースにおいて、防水工事を施すことで対策可能です。
水漏れ被害に遭ってしまってからでは遅すぎるので、できるだけ早い段階で検討してみましょう。

スタッフ紹介

  • 堺市堺区
  • 堺市中区
  • 堺市東区
  • 堺市西区
  • 堺市南区
  • 堺市北区
  • 堺市美原区
  • 大阪市
  • その他

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!