ブログタイトル

遮熱塗料の特徴をご存知ですか?

屋根塗装をお考えの方にぜひ知っていただきたいのが、遮熱塗料です。
遮熱塗料には様々な魅力があります。
そこで今回は、遮熱塗料の特徴について解説します。
屋根塗装をお考えの方は、ぜひお役立てください。

□遮熱塗料の効果とは

遮熱塗料とは、日光を反射する効果のある塗料のことを指します。
これを塗布した屋根は日光を反射するので、室内の温度上昇を抑える効果があります。
また、省エネ商品として国に認められているため、市区町村によっては遮熱塗料を使用する際に補助金が出ることもあります。

*断熱塗料との違いとは

まず、熱を軽減する仕組みが異なっています。
遮熱塗料は熱を反射するもので、暑さ対策の効果しか期待できません。
一方で、熱伝導を抑えるものなので、暑さと寒さの両方に効果があります。
さらに、価格は遮熱塗料の方が安いですが、耐用年数は断熱塗料の方が長いです。

このように、これら二つには様々な違いがあります。
それぞれの特徴を理解したうえで、塗料を選ぶようにしましょう。

□遮熱塗料のメリットとデメリットをご紹介!

ここまでは、遮熱塗料の機能や、断熱塗料との違いについて解説しました。
次は、遮熱塗料のメリットとデメリットを紹介します。
ぜひお役立てください。

*遮熱塗料のメリットとは

1つ目は、夏場の室温を快適に保ってくれることです。
室内が暑くなる原因である日光を反射し、室内の温度を快適に保つ効果が期待できます。
室温は最大2度から3度ほど変わるでしょう。

2つ目は、電気代を節約できることです。
室温が低くなるので冷房の使用頻度が減り、電気代を節約できます。
快適な室温に保てるだけでなく、電気代も削減できるのは嬉しいですよね。
この他にも、耐用年数が長いことや、熱による劣化を防げることなどがメリットとして挙げられます。

*遮熱塗料のデメリットとは

1つ目は、費用が高いことです。
特殊効果を持たない一般的な塗料に比べると、価格が高くなることがあります。
しかし、耐久性が高く、耐用年数も長いため、長い目でみると経済的です。

2つ目は、冬場の保温効果はないことです。
先述したように、冬の寒さを補う保温効果は期待できません。
そのため、冬場は注意が必要です。

□まとめ

この記事では、遮熱塗料の特徴について詳しく解説しました。
様々なメリットやデメリットがあることをお分かりいただけたと思います。
この記事を参考にして、満足のいく屋根塗装を行いましょう。
屋根塗装を検討されている方、お気軽にご相談ください。

スタッフ紹介

  • 堺市堺区
  • 堺市中区
  • 堺市東区
  • 堺市西区
  • 堺市南区
  • 堺市北区
  • 堺市美原区
  • 大阪市
  • その他

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!