ブログタイトル

外壁の白い粉は外壁塗装のサイン?チョーキングについて解説します

チョーキングという言葉をご存じの方はいるでしょうか。
あまり馴染みのない言葉なので聞いたことがない方も多いでしょう。
チョーキングというのは外壁の劣化現象であり、外壁塗装を考える際のサインの1つにもなるので知っておいて損はないでしょう。
そこで、今回はチョーキングについて詳しく紹介していきます。

□チョーキングとは

チョーキングとは、塗料に含まれる顔料が紫外線や熱、風、雨等により劣化して白い粉が出てくることを言います。

チョーキングが見られる主な場所としては、紫外線の影響を受けやすい南側、強い西日が当たる面、日陰ができないバルコニーなどが挙げられるため、これらの場所は特に注意しておきましょう。

実際に自分の手で外壁を触って白い粉が付くかを確かめることで簡単にチョーキングを確認できますのでご自宅のあらゆる箇所を確認してみてください。

また、外壁が雨等の水分で濡れた際に色が普段とは異なっている場合もチョーキングが起こっていると判断できます。

チョーキングは外壁塗装を検討するサインになると冒頭でもお伝えしましたね。
なぜかというと、チョーキングはカビやコケが発生する原因になり、外壁を守るという塗料の機能が果たされなくなるため放置するとクラックを起こす恐れがあり、クラックができるとそのひび割れから水が壁の中に侵入して雨漏りの原因になるからです。

□チョーキングの原因とは

外壁が長年の間紫外線や雨等の影響を受けることにより塗装面の中の樹脂が分解されることや、立地条件や使用条件に適さない塗料を使用すること、塗料をしっかりと混ぜずに塗装することなどによってチョーキングは起こります。

□チョーキングの補修方法とは

チョーキングの主な補修方法は新たに外壁塗装を行うことです。
チョーキングが起こっている状態では塗料が機能していないので、業者に依頼して高圧洗浄で粉を洗い外壁表面をきれいにしてから外壁塗装を行うことをおすすめします。
素人の方が劣化している外壁に対してブラシを使った洗浄や高圧洗浄を行うことでかえって外壁を痛める結果につながる可能性もあるため、外壁塗装をご検討される場合は全て業者に任せましょう。

ご自身の手でご自宅の壁を触ってみて粉が薄く手に付く程度であれば、外壁塗装を検討してみても良い時期だと思ってもらうだけでいいのですが、しっかりと粉が手に付く場合はできるだけ早めに外壁塗装を検討しましょう。

また、壁が水分で濡れて変色した場合も、その状態で放っておくと水を吸い込み続けて雨漏りの原因や住宅の劣化を早める原因となるため、できるだけ早めに外壁塗装を検討したほうが良いでしょう。

□まとめ

今回はチョーキングについて詳しくご紹介しました。
今回の記事を参考にして、ご自宅のチョーキングの状態から外壁塗装の適切な時期をご判断いただければと思います。
外壁塗装をご検討の際は、ぜひ当社までお気軽にご相談ください。

スタッフ紹介

  • 堺市堺区
  • 堺市中区
  • 堺市東区
  • 堺市西区
  • 堺市南区
  • 堺市北区
  • 堺市美原区
  • 大阪市
  • その他

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!