ブログタイトル

外壁塗装をお考えの方へ!塗装の種類をご存じですか?

ご自宅の外壁塗装や屋根塗装をお考えの方はいませんか。
ご自身で塗装作業を行わず業者に任せるにしても、どんな道具を使ってどんな作業をするのか知っておいたほうがいいですよね。
そこで、今回は塗装方法の種類や特徴ついて解説しましょう。

□どのような塗装方法があるのか

外壁塗装や屋根塗装をお考えの方の中にも、どのような道具を使い、どのような方法で塗装するのか知らない方も多いでしょう。
塗装方法は使用道具によって様々であり、塗装方法によって塗膜の厚みや模様が異なります。
では、どのような塗装方法があるのかを大まかに把握してもらうために、塗装方法の種類についてご紹介しましょう。

塗装方法にはローラー工法、はけ塗り工法、吹き付け工法の3種類があり、ローラー工法は外壁の塗り替えで多く用いられており、塗装面にローラーを転がしながら着色する方法です。
はけ塗り工法は細かい部分を塗装する際に用いられ、はけを使って塗装面を塗装する方法です。
吹き付け工法はスプレーガンという道具を用いて塗料を霧状にして塗装面に吹き付ける方法です。

□それぞれの塗装方法の特徴とは

ローラー工法、はけ塗り工法、吹き付け方法のそれぞれの特徴ご紹介しましょう。

まず、ローラー工法は広い面を短時間で塗装できますが、細かい部分の塗装に向いていません。
使用道具であるローラーにもスポンジ状の多孔質ローラーとウールローラーがあり、多孔質ローラーは一度に多くの塗料を含ませられるので塗膜を厚く塗れますし、塗膜にゆず肌模様やさざ波模様などの模様もつけられます。

続いて、はけ塗り工法について解説しましょう。
はけ塗り工法はローラー工法とは対照的に、細かい塗装には向いていますが、塗装できる範囲が狭いため大きな面積を短時間で塗装するのには不向きです。
ですので、ローラーでは塗装できない細かい部分の仕上げに用いられます。

最後に、吹き付け工法について解説しましょう。
吹き付け工法はローラー工法と同様に広い面積を短時間で塗装できますが、デメリットとしては塗りむらや塗り残しが発生しやすいことが挙げられます。
また風によって周辺に塗料が飛散したり作業中に音や臭いが発生するため、住宅密集地での作業には適しません。
ですので、吹き付け工法の際は近隣住民に迷惑をかけないよう近隣対策を講じる必要がありますね。

□まとめ

3種類の塗装方法とそれぞれの塗装方法の特徴について解説しました。
今回ご紹介した塗装方法は基礎知識として心に留めておき、外壁塗装や屋根塗装をご検討される際にぜひ参考にしてみてください。
お困りのことやご相談したいことがございましたら、お気軽に当社までご連絡ください。

スタッフ紹介

  • 堺市堺区
  • 堺市中区
  • 堺市東区
  • 堺市西区
  • 堺市南区
  • 堺市北区
  • 堺市美原区
  • 大阪市
  • その他

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!