ブログタイトル

外壁塗装の色選びでお迷いの方必見!色の面積効果とは?

「頼んでいたものと色味は全く同じだけど、実際の大きさを目の当たりにすると全然印象が違う」

そんな経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
こうした現象には、実は色の面積効果が影響しています。
そこで今回は、外壁塗装の色選びを行う際に知っておきたい色の面積効果についてご説明します。

□色の面積効果について

*色の面積効果とは

色の面積効果とは、面積が異なると、全く同じ色でも見え方が変わる視覚効果のことを指します。
家具でも、小さい見本で見た時の印象と実物大の印象が大きく異なるのには、こうした効果が反映しています。
つまり、比較的広範囲に及ぶ外壁塗装の色選びでは、色の面積効果の影響を直に受けることが分かりますね。
外壁塗装を行う際は、事前に色の面積効果について、ある程度知っておくと良いでしょう。

*色の見え方の違い

色の面積効果は、明るい色と暗い色とでは違った影響を及ぼします。
明るい色は、面積が大きくなるにつれ、さらに明るく、鮮やかな印象になります。
一方の暗い色は、面積が大きくなるにつれ、さらに暗く、重い印象を与えます。
色の面積効果は、明るい色と暗い色で正反対に作用するため、外壁塗装の色選びを行う際は、注意しましょう。

□外壁塗装の色選びのポイント

色の面積効果を踏まえたうえで、外壁塗装の色選びで気を付けたいポイントをご紹介します。

まず外壁塗装の色選びを行う際は、1つ暗めまたは明るめの色を選択することを意識しましょう。
一般的な外壁塗装の色選びでは、色見本帳で色選びを行いますが、具体的な色の印象は、塗る面積が広範囲になるにつれ変化します。
色見本帳では理想通りの色であっても、仕上がり後のイメージが異なる可能性があるため、完成後のイメージに近づけるためには、少し明るめ、または暗めの色を選択するようにしましょう。

希望する外壁の色が大まかに決まったら、実際に自分の理想の色味に近い建物を見てみましょう。
色見本帳などを使用し、比較することで、客観的に色の印象を把握できます。
反対に、さらに魅力的な色の外壁を見つけた際は、業者などに質問し、近い色味を探すのも良いですね。

□まとめ

今回は、外壁塗装を行う前に知っておきたい色の面積効果についてご説明しました。
少しの色味の変化でも大きく印象が変わる外壁塗装の色選びは、絶対に失敗したくないですよね。
ぜひ今回ご紹介した色の面積効果も踏まえた上で、外壁塗装の色選びについて検討してみてはいかがでしょうか。

スタッフ紹介

  • 堺市堺区
  • 堺市中区
  • 堺市東区
  • 堺市西区
  • 堺市南区
  • 堺市北区
  • 堺市美原区
  • 大阪市
  • その他

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!