ブログタイトル

外壁塗装を行うサイン!チョーキング現象をご存じですか?

「チョーキング現象を見つけたら、外壁塗装が必要です」
と言われても、いまいち実感がわきませんよね。
そもそもチョーキング現象を全くご存じない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、チョーキング現象が起こる原因と確認方法、そして必要な対策まで詳しくご説明します。

□チョーキング現象とは

チョーキング現象とは、名前の通り、外壁からチョークのような粉がふき出し、触ると粉が付着するのが特徴です。
外壁についている汚れと間違われることも多いですが、チョーキング現象は外壁が劣化している状態を表し、白亜化現象と呼ばれることもあります。
ではさっそく、チョーキング現象について詳しくお話ししましょう。

*チョーキング現象の原因

チョーキング現象は、雨や風、紫外線による外壁の劣化が主な原因と言われています。
外壁に使用される塗料には、顔料と呼ばれる色を付けるための成分が含まれています。
何年も雨や風、紫外線にさらされることによって、塗料に含まれる成分が次第に分解され、劣化が進みます。
こうした劣化により、顔料が白い粉になって表面にふき出すため、チョーキング現象が発生すると言えますね。

チョーキング現象は、自然現象による劣化の場合がほとんどのため、未然に防ぐことが困難ですが、外壁本来の機能性が低下していることを表します。
劣化により、塗料に含まれていた成分が分解されるため、防水性能なども低下します。
外壁を健康的な状態に保つためにも、いち早い対応は必要と言えるでしょう。

*チョーキング現象を確認する方法

迅速な対応ができるよう、チョーキング現象を確認する方法について知っておきましょう。
チョーキング現象は、特有の粉が付着する状態のため、外壁を手で触って確認することが好ましいです。
真っ白く粉が付着した場合は、チョーキング現象が起こっていることが確認できます。
他にも、水をかけて色味の変化をみて確認することもできますが、汚れなどの可能性もあるため、実際に手で触ってみるのが最も有効と言えるでしょう。

*チョーキング現象に必要な対策

チョーキング現象を見つけた際は、可能な限り早く外壁塗装を行うようにしましょう。
外壁塗装は、外観を美しく見せるだけでなく、外壁が本来持つ機能性を取り戻してくれる効果があります。
外壁を健康的な状態に保つためにも、外壁の塗り替えについて検討しましょう。

□まとめ

今回は、チョーキング現象が起こる原因と確認方法、そして必要な対策についてご紹介しました。
チョーキング現象を確認した後のいち早い対応と外壁塗装の必要性についてお分かりいただけたでしょうか。
チョーキング現象でお悩みの方は、ぜひご参考にしてみてください。

スタッフ紹介

  • 堺市堺区
  • 堺市中区
  • 堺市東区
  • 堺市西区
  • 堺市南区
  • 堺市北区
  • 堺市美原区
  • 大阪市
  • その他

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!