ブログタイトル

外壁塗装が必要なタイミングとは?見極めに必要な3つのポイントをご紹介!

「いつかしようと思っていても、外壁塗装の塗替えのタイミングが分からない」
そんな方も多いのではないでしょうか。
外壁の塗替えが必要な時期は、塗料によって10年、15年と異なるため見極めが難しいですよね。
そこで今回は、外壁塗装の塗替えのタイミングを見極めるための3つのポイントをご紹介します。

□外壁塗装の塗り替えを見極める3つのポイント

外壁塗装の塗替えのタイミングを見極めるためには、外壁の劣化状況について知っておく必要があります。
ではさっそく劣化状況を見極めるための3つのポイントについてご紹介しましょう。

*チョーキング現象の有無を調べる

チョーキング現象とは、外壁の劣化が原因として起こる現象であり、外壁を触ると白い粉が付着する状態を指します。
太陽光や太陽熱、雨風によって運ばれた砂によって塗膜の素材が劣化し、チョーキング現象が起こります。
外壁の劣化は仕方のない問題ですが、チョーキング現象は塗膜が機能していない状態のため、シロアリの発生や湿気等の問題につながります。
見た目にはさほど支障はありませんが、機能性に大きく影響するため、チョーキング現象が起こっている場合は早めに塗り替えましょう。

*クラックの有無を調べる

クラックとは、劣化によって生じる外壁のひび割れを指します。
細かいひび割れであれば、外壁塗装を行うことで補修できますが、放っておくと、雨漏りの原因にもなります。
この場合、外壁の塗り替え等では対処できず、より規模の大きい麹が必要になるため、さらに工事費がかさむことにもつながります。
外壁塗装にかかる費用を最小限に抑えるためにも、外壁のクラックの有無は定期的にチェックするようにしましょう。

*コーキングの劣化状況を調べる

コーキングとは、外壁材同士の間を埋めるために使用するゴム状のパッキンです。
コーキングが劣化すると、外壁材からコーキングが一部剥離し、隙間が生じたり、破断や欠落による雨漏りの問題につながります。
見つけ次第、可能な限り早い塗替えを検討すると良いですが、クラック同様、コーキングの劣化状況においても定期的な確認を心がけましょう。

□まとめ

今回は、外壁塗装の塗替えのタイミングを見極めるための3つのポイントについてご紹介しました。
外壁の劣化状況を知っておくためにも、普段から外壁の状態について把握しておくと良いですね。
外壁塗装の塗り替えのタイミングでお悩みの方は、ぜひご参考にしてみてください。

スタッフ紹介

  • 堺市堺区
  • 堺市中区
  • 堺市東区
  • 堺市西区
  • 堺市南区
  • 堺市北区
  • 堺市美原区
  • 大阪市
  • その他

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!