ブログタイトル

外壁塗装を行う前に知っておきたい!外壁塗料の機能性の違いとは?

一般的に約10年から15年を目安に、定期的な塗り替えが必要とされる外壁塗装ですが、塗料によって、その機能性や費用は大きく異なります。
「せっかくなら自分の納得できる機能性を兼ね備えた塗料を使いたい」
そんな方のために、今回は外壁塗装を行う前に知っておきたい塗料によって異なる機能性をご紹介します。

□塗料に求める機能性の違い

数え切れないほどの種類がある外壁の塗料の中から、1つを選ぶのは本当に大変ですよね。
そんな塗料選びの際に、1つの判断基準となるのが塗料によって異なる機能性です。
外壁に使用される塗料には、大きく分けて4つの機能性があります。
どの機能を求めるのか、自分の中の優先順位を考えながら選びましょう。

1つ目の耐久性は、価格によって最も違いがでる機能であり、塗料によっては5年でひび割れを起こしてしまうものから、20年以上もつものまで様々です。
基本的に耐久性の高いものほど、価格は上昇する傾向にあります。
耐久性の高い塗料を使用する際、一度にかかる費用はかさみますが、次回の塗り替えのタイミングなどを踏まえて考えると良いですね。
耐久性については、自分が求める耐久性の高さと塗料の価格とを比較した上で検討するようにしましょう。

2つ目の遮熱性は、塗料によって遮熱性が高いものから、全くその機能を持たないものまで様々あります。
遮熱性の高い塗料は、夏場は気温を下げ、冬は暖かさを保つという機能もあります。
非常に魅力的な機能ですが、比較的高額な塗料が多いため、価格に合わせて検討しましょう。

3つ目の防汚性は、汚れにくさや汚れの落としやすさなどに影響します。
防汚性の高い塗料であれば、汚れにくく、汚れがあった際も雨水などで比較的簡単に落とせます。
防汚性の高さは1つ目の耐久性にも関係し、耐久性の高いものほど防汚性の高い傾向があります。
耐久性について検討する際に防汚性についても知っておくと良いですね。

4つ目の光沢性は、塗料の光沢の有無に関わります。
塗料には、光沢のあるものと一切ないものがあります。
光沢性の有無は、価格に関してあまり直接的な影響はありませんが、外壁の仕上がりの印象が変わるため、知っておくと良いですね。

□まとめ

今回は、外壁塗装を行う前に知っておきたい外壁の塗料の機能性についてご紹介しました。
自分の中で求める機能の優先順位をあらかじめ決めておくと良いですね。
外壁塗装に使用する塗料選びでお迷いの方は、ぜひご参考にしてみてください。

スタッフ紹介

  • 堺市堺区
  • 堺市中区
  • 堺市東区
  • 堺市西区
  • 堺市南区
  • 堺市北区
  • 堺市美原区
  • 大阪市
  • その他

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!