ブログタイトル

外壁塗装工事中の生活とは?不便さを解消する方法をご紹介!

大切な住宅を守るために必要な外壁塗装工事を決意し、業者を決め、あとは工事が終わるのを待つのみという方必見です。
外壁塗装工事は約2週間かかりますが、その間どのように生活すれば良いのかご紹介します。
事前に対策しておけば、不便な生活を少しは快適に暮らせるかもしれません。

□工事によって起こる不便とは

*窓の問題

工事期間中は窓が開けられない期間があり、特に高圧洗浄が行われている日は開けられません。
また、業者さんによっては、塗料が付着してはいけない部分に養生が施されているため、養生してから完成までは窓を開けないように言われることがあります。

窓が開けられないと、どのような不便が生じるか想像がつくでしょうか。
換気ができず、息苦しい生活になってしまう他にも、ベランダの窓も開けられないので洗濯物が干せません。
部屋干しできる環境を整えるか、近くのコインランドリーを見つけておきましょう。

窓を開けて良いと言われた場合も、塗料を塗るので、どうしても臭いが発生してしまします。
塗料にはマッキーやネイルや除光液で有名のシンナーが使用されています。
臭いに弱い方や臭いで頭が痛くなる方、家に小さいお子様がいる場合は最初から閉めておくのがおすすめです。

*シートによる問題

外壁塗装を行っている家がシートで覆われているのを見たことはありますか。
工事中は足場とシートで家が囲まれるので、日の光が遮られ、風通しが悪くなります。

真っ暗になるわけではありませんが、多少はどうしても暗くなるので息苦しさを感じるかもしれません。
しかし、事前に知って、心構えをしておくだけでも少しは気持ちが変わるでしょう。

□対処法とは

窓が開けられないと非常に不快な季節は、我慢するしかないのかと思う方がいるかもしれませんが、実は対処法があります。
一気に養生するのではなく、塗装する場所ごとでタイミングをずらして、養生してもらう方法があります。
例えば、1階と2階で分けて養生してもらうと、どちらかでは窓を開けられます。
業者さんによっては必ずしも対応してもらえるとは限りませんが、一度言ってみてはいかかでしょうか。

□まとめ

今回は外壁塗装工事中の生活方法についてご紹介しました。
窓を閉めておく期間などの細かい点は業者さんごとに異なるので、工事が始まる前に気になることは聞いておきましょう。
また、工事中の生活で困ったことがあれば、溜め込むのではなく業者さんに相談してみましょう。

スタッフ紹介

  • 堺市堺区
  • 堺市中区
  • 堺市東区
  • 堺市西区
  • 堺市南区
  • 堺市北区
  • 堺市美原区
  • 大阪市
  • その他

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!