ブログタイトル

定期的な防水工事は本当に必要なの?原因と理由をご説明します!

マイホームを建ててしばらく経ったら、防水工事を行うのは知っていても本当に必要か疑問に感じている方がいるかもしれません。
見た目で工事が必要と分かる塗装工事とは異なり、放っておきがちなのが防水工事です。
しかし、防水工事も大切なので今回は必要となる理由をご紹介します。

□防水工事が必要である理由

そもそも防水工事とは紫外線や雨から建物を守るために行います。
塗装工事のように定期的に業者さんに頼んで工事してもらうのが一般的です。

*水による劣化

住宅にとって水は劣化させる大きな原因です。
木造建築の場合は、水が浸入すると住宅の要となる柱が腐食してしまい、耐久性が低くなります。
また、木材以外にも、室内側と室外側の熱移動を遮断してくれる重要な役目を担う断熱材も腐食することがあるため、怖いですよね。

コンクリート製なら大丈夫と思うかもしれませんが、実はコンクリートも雨によってダメージを受けてしまいます。
コンクリート製の場合は、雨が打ち付けることによってセメント成分が流れ出し、劣化につながります。
劣化により、コンクリートが剥がれたり、カビが生えたり、鉄骨が錆びたりするのでコンクリート製であっても、防水工事は必須でしょう。

*ひび割れ

古い建物の表面にひびが入っているのを見たことがあるでしょうか。
ひび割れはコンクリート壁面の保護が出来なくなっている状態です。
ひびが入った建物に雨が降ると目に見えない場所から劣化が始まり、目に見えた頃には相当深刻になっていることが多いので注意が必要です。

ひび割れが起こらないようにはできないのかと思った方がいるでしょう。
実は、鉄筋コンクリート建造物の場合、建築時点でどうしてもわずかなひび割れが存在してしまいます。
年月が経つにつれて、ひび割れが大きくなり、水漏れの原因となってしまいます。
建物の寿命を延ばして、せっかく建てたマイホームで長く暮らすために定期的に防水工事を行いましょう。

□工事のタイミング

劣化の症状で見極めて工事のタイミングを決めても良いですが、あらかじめ計画しておくのも1つの手です。
防水工事は工法ごとに耐用年数が決まっており、10年~20年です。
外装工事とセットですることも多いので、業者さんに相談しましょう。

□まとめ
今回は防水工事が必要となる理由をご紹介しました。
年月が経つと、雨の影響で劣化しますし、ひび割れも発生してきます。
防水工事はそれらから家を守るための大事な工事ですので、補修周期を見ながら業者に依頼しましょう。

スタッフ紹介

  • 堺市堺区
  • 堺市中区
  • 堺市東区
  • 堺市西区
  • 堺市南区
  • 堺市北区
  • 堺市美原区
  • 大阪市
  • その他

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!