ブログタイトル

外壁塗装を火災保険を使って無料でできるって本当!?

「外壁塗装の際に火災保険が使えるって本当?!」
これが事実かどうか疑っていらっしゃる方も多いと思います。

一見外壁塗装と火災保険にはつながりがないようにも見えますが、実は火災保険が適用され外壁塗装を無料で行える場合があります。この記事では外壁塗装に使える火災保険について解説します。

□外壁塗装の際に適応される火災保険とは!?

まず初めに住宅に適応される火災保険について説明します。

火災保険は大きく分けて2種類あり、1つは住宅火災保険でもう1つは住宅総合保険です。
この2種類の火災保険の違いは補償範囲です。

住宅火災保険は火災だけでなく、落雷や風災、ひょうなどの自然災害による被害でも補償を受ることができ、住宅総合保険はそれらに加えて盗難やデモなどの集団で行う暴力行為など自然災害ではない人が原因による被害も補償範囲となります。

これらを踏まえると、加入している保険の種類と壊れた理由により、火災保険を適用できるかどうかが決まります。
次に保険を適用する際のポイントについて紹介します。

*地震による火災や破損は補償の範囲外

風災やひょうなどの自然災害は補償の範囲内ですが、例外として地震による損害は地震保険によって補償されるため、火災保険では補償の対象にはなりません。

*台風によっての破損の場合は適用可

実は台風によって外壁や屋根が被害を受けた場合、ほとんどの場合で火災保険を適用できます。

実際に日本に台風が来ることは非常に多く、その分台風による被害を受ける住宅が多いので、火災保険を使って修理や外壁塗装を行っていらっしゃる方が多くいます。

*建材の経年劣化による破損は保険の対象外

火災保険が適用されるケースは自然災害や人災によって建物が壊れて修理が必要な場合だけです。
単なる経年劣化による破損だけでは保険を適用することはできません。

□火災保険を名目としたトラブルや詐欺とは!?

最近では火災保険を適用して無料で工事ができると言って高額な費用を請求する業者が増えています。

このような被害に合わないためにも、「無料」「タダ」で工事できると宣伝している業者にはすぐに契約しないこと、また訪問販売や電話でのセールス販売からトラブルに発展することも多いので、地元の評判のよい業者に依頼することを心掛けましょう。

□まとめ

外壁塗装と火災保険につながりがあることは意外だったのではないでしょうか。

場合によっては火災保険を適用して本当に無料で外壁塗装を行えるかもしれません。

一般の方では判断することが難しいため、気軽に専門の業者に相談してみましょう。

スタッフ紹介

  • 堺市堺区
  • 堺市中区
  • 堺市東区
  • 堺市西区
  • 堺市南区
  • 堺市北区
  • 堺市美原区
  • 大阪市
  • その他

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!