ブログタイトル

外壁塗装に使われる塗料の特徴とは!?代表的な塗料の特徴を紹介します!

「家の外壁がはがれてきたのでそろそろ塗りなおそうか」
このように考えていらっしゃる方に朗報です。
恐らく多くの方がどのような塗料で外壁塗装を行えばよいかご存じないことでしょう。

そのような方のためにこの記事では、外壁塗装に使われる塗料の特徴や選び方について解説していきたいと思います。

□覚えておきたい基本的な塗料の特徴とは!?

外壁塗装に使用する塗料はたくさんありますがここではよくつかわれる代表的な塗料をその特徴を踏まえて解説します。

塗料の種類はその構成成分であり合成樹脂によって分けられ、耐久年数を基準にランク分けされています。

ここではその耐久年数のランクに則ってグレードの低い順から紹介していきます。
まず1つ目はアクリルです。

アクリルは1500~1700円と代表的な塗料の中で一番安い特徴があります。
しかしその安さゆえに耐久年数も5~7年と非常に短いので、自分でdiyする人に使われることが多く、基本的にプロの業者の方は使いません。

2つ目はウレタンです。
ウレタンは1700~2000円で耐久年数が8~10年です。
アクリルよりも性能が高く、主にベランダの防水工事に用いられることが多いです。

3つ目はシリコンです。
シリコンの価格は2300~3000円で耐久年数も10~15年と、他の塗料よりも性能が高い特徴があり、最も頻繁に使われている塗料です。
実際に一軒家の外壁7割にこのシリコン塗料を使われていると言われています。

またシリコンの中でも豊富なバリエーションがあり、用途に応じて使い分けられることや、揮発性が高く汚れにくいメリットもあります。

4つ目はフッ素です。
フッ素の価格は3800~4800円と代表的な塗料の中でももっとも高く耐久年数も12~15年であるので非常に性能の高い優れものです。

基本的には大きな家で使われることが多いのですが、値段がかなり高いというデメリットもあります。

□おすすめの塗料の選び方とは!?

塗料を自分で選び、自分で外壁塗装を行う方もいらっしゃると思いますが、塗料の種類は非常に多くどれが外壁の現状に適しているのか素人が判断することは非常に難しいです。

よって塗料業者から選ぶ方法や、第三者の専門業者に相談して決めることをおすすめします。

専門業者に委託すれば費用がよりかかってしまうとお考えの方もいらっしゃると思いますが、失敗して大きな損害がでることに比べると安いと思うので、まずは気軽に当社などの専門業者に相談してみましょう。

□まとめ

外壁塗装の際には、塗料ごとの価格や耐久年数の特徴を考慮して塗料を選ぶことが大切です。
また自分の独断で決めることは失敗につながるかもしれないので、外壁塗装の際にはぜひ当社をご利用ください。

スタッフ紹介

  • 堺市堺区
  • 堺市中区
  • 堺市東区
  • 堺市西区
  • 堺市南区
  • 堺市北区
  • 堺市美原区
  • 大阪市
  • その他

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!