ブログタイトル

外壁塗装の際に確定申告すれば減税される!?

外壁塗装の際に確定申告を行うと減税措置を受けらあれる場合があることをご存じでしたか?
しかしこの記事を読まれている方の多くが確定申告の減税措置やそのポイントについて詳しく理解していらっしゃらないかと思います。

以下では確定申告の際に受けられる減税措置や、その時の重要なポイントについて解説します。

□確定申告すれば減税措置を受けられる?!

確定申告は給与以外の収入があるときや、何らかの災害や窃盗よって財産が減ったときだけに行うものではありません。
外壁塗装工事でも特定の条件を満たし確定申告することで、所得税控除の対象になり、結果的に減税を実現できます。

上記の減税措置を受けられる特定の条件とは「住宅借入金等特別控除」のことです。
外壁塗装の際にこの住宅借入金等特別控除の条件を満たし、確定申告すれば控除の対象になります。

住宅借入金等特別控除とは、住宅の建設やリフォーム費用を一括払いではなく、10年以上のローンで支払ったときに適用される制度です。

この住宅借入金等特別控除を満たすための条件は多く、提出しなければならない資料もたくさんあるため簡単には減税できません。

しかし一度この確定申告を行うと次からは簡単に控除申請を受けることができ、そのまま最大10年もの間控除が適用されます。

実際には、外壁塗装を行うために借り入れた金額の年末時の残高の1%を、上限が40万円として所得税から控除されます。

□確定申告をする際のポイントとは!?

外壁塗装工事で減税措置を受けるための確定申告を行う際にはいくつか注意してほしいことがあります。
以下のポイントを意識しなければ減税を実現させることが難しくなります。

*確定申告を行わなければならない期限を守ること

一年間の所得税控除の場合、必ず翌年の2月16日から3月15にまでの間に確定申告しなければなりません。

万が一この期限を守れなかった場合最大5年以内であれば税金が還付されるので必ず期限を守りましょう。

*提出しなければならない書類を業者から受けとっておく

確定申告書や住宅借入金等特別控除の計算明細書はホームページからいつでも取得することができますが、請負契約書はリフォーム業者から、ローン残高は金融機関から、土地・建物の登録事項証明書は法務局からしか受け取れません。

確定申告の時期は業者や法務局も込み合うので早めに入手しておきましょう。

□まとめ

外壁塗装において減税措置を受けるためには、住宅借入金等特別控除が適応できるか確認することと、確定申告の時期を守ることが重要です。

確定申告はやや手間がかかりますが、惜しまず行うことで税を減らせるかもしれません。

減税措置を受けると工事にかかる総費用も安くなるので、気軽に外壁塗装を行ってみてはいかがでしょうか。

 

スタッフ紹介

  • 堺市堺区
  • 堺市中区
  • 堺市東区
  • 堺市西区
  • 堺市南区
  • 堺市北区
  • 堺市美原区
  • 大阪市
  • その他

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!