ブログタイトル

外壁塗装のしつこい営業の断り方とは!対処法を身に付けましょう。-大阪堺屋根外壁塗装-

 

「外壁塗装のしつこい営業に困っている。」
「何度も訪ねる営業の対処法を知りたい。」

そのような経験や、お悩みをお持ちではないですか。

外壁塗装に関して、しつこく訪問営業をされた場合は、非常に悩ましいですよね。
営業マンは口がうまいことが多く、ご家庭の外壁の小さな欠陥を見つけて、しつこく工事を勧めてきます。

今回は、外壁塗装のしつこい営業の断り方をご説明します。

以下の内容を参考にして、外壁塗装の悩ましい営業に対して、対策を行いましょう。

●そもそも、なぜしつこく営業を行うのか
質の良いサービスを提供している場合は、おのずと工事の依頼が行われ、契約が増えます。
逆に言えば、成功な方法では、工事の依頼が来ないため、営業によって契約を結ぶ必要があるのです。

訪問営業を行う業者によっては、
「キャンペーン中で、〇日までに契約を行う必要がある。」

と、価格の減額を話に持ち出すことが多くあります。
しかし、キャンペーンが適用されるなら魅力的に感じますが、見積もりが高く、実際の工事の内訳の相場は、ほとんど変わらない場合が多いのです。

キャンペーンという言葉につられて、すぐ安易に契約を結ぶことはお勧めしません。

●しつこい営業の撃退法
・他の業者に依頼をしている旨を伝える

しつこい営業の撃退法は、
「他の業者にすでに工事の依頼をしている。」
とはっきり伝えることです。他に依頼を行っている業者がいる状況では、それ以上にしつこく営業をする人は少ないと考えられます。

・消費者センターに相談すると言う
断っても、なかなか帰ろうとせず、営業を続ける業者もいます。
その場合は、
「消費者センターに相談します。」

と言いましょう。対応時間内であれば、すぐに対応してもらえるため、かなり有効な方法です。また、消費者センターに相談されるのであれば、諦めて帰る業者も多いと考えられます

万が一、不当な契約を結んでしまった場合は、消費者センターに相談して、クーリングオフ制度を適用してもらいましょう。
クーリングオフ制度とは、訪問販売で不当な契約を結んでしまった場合、契約を8日以内であれば、契約を破棄できるという制度です。
〇最後に
今回は、外壁塗装のしつこい営業の撃退法をご説明しました。

しつこい営業には、きっぱりと断ることが大切です。その場で、第三者に相談することもよいかもしれません。

万が一、不当な契約を結んだ際でも、焦らずに一度消費センターに相談してください。

あらかじめ対処法を身に付けて、営業に関する問題を解決しましょう。

スタッフ紹介

  • 堺市堺区
  • 堺市中区
  • 堺市東区
  • 堺市西区
  • 堺市南区
  • 堺市北区
  • 堺市美原区
  • 大阪市
  • その他

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!