ブログタイトル

チョーキングをご存知ですか?外壁の劣化について解説します!

長い間、家に住んでいて外壁の汚れや色あせが気になり、どうすれば良いか悩んでいる方はいませんか。
外壁の汚れや劣化の原因を見つけ、塗装工事するか判断することは難しいですよね。
そこで今回は外壁の劣化サインでもあるチョーキング現象について詳しく解説していきます。
ぜひ、参考にしてみてください。
□チョーキング現象が起きるとどうなるのか

チョーキング現象という言葉を聞いたことはありますか。
外壁に紫外線や雨風、排気ガスなどにより塗料の成分が粉上になったものをチョーキングと言います。
チョーキング現象が起きると外壁の劣化が進み、防水機能が低下するため、注意しましょう。

外壁を触った時に白い粉がついたという経験をした方はいませんか。
これがチョーキング現象です。
このようにチョーキング起きているのかの判断は簡単なため、専門家ではなくても簡単に確認できますよね。
白い粉がつく場合は外壁の劣化の恐れがあり、外壁の塗り替えの目安と考えて良いため、業者に相談してみましょう。
自宅の外壁の劣化を確認するために、一度外壁を触ってみてはいかがでしょうか。

□チョーキング現象の対策とは

チョーキング現象が起きた際にそのまま放置し続けると雨水を吸い込み、カビやコケが生えます。
外壁の劣化はどんどん進み、やがてヒビができるため、すぐに対処しましょう。
そこで次にチョーキング現象の対処法についてご紹介します。

チョーキング現象が起きた際の対処法は外壁を洗浄し、塗装し直すことです。
水で流しただけでは修復できないため、塗装する作業までしっかり行いましょう。
もしも、チョーキング現象している箇所をしっかり修復せずに塗装すると、下地の劣化は修復できていないため、外壁が剥がれ落ちる可能性があります。
外壁塗装を行わずに放置し、外壁が剥がれ落ちた際は張り替えが必要になるため、工事費用も高くなります。
塗装作業をムラなく行うことはなかなか難しいため、自分で行えない場合は一度、業者の人に相談してみましょう。

また、塗料選びの際に外壁の状態を考え、耐候性の高い塗料を使うこともおすすめです。
しかし、耐候性の高い塗料を使ったからといって必ずしもチョーキングにならないというわけではないため、注意しましょう。

□まとめ

今回はチョーキング現象について解説してきました。
外壁の劣化のサインでもあるチョーキングはみなさんでも判断できることをわかっていただけましたか。
当社ではお客様に外壁の改修が必要か判断して頂くために現場調査を行い、劣化カ所を診断させていただき改修が必要か丁寧にお答え致しております。
ぜひ、ご相談ください。

外壁塗装を行う際の適切なタイミングとは?


「外壁塗装するタイミングはいつすれば良いのか」
「外壁が劣化しているかわかる方法はあるの」
このようなお悩みをお持ちの方はいませんか。
特に、初めての人は一度外壁塗装しても次いつ工事すればよいかやいつ外壁塗装すればよいのかわからない人も多いと思います。
そこで今回は外壁塗装のタイミングについて解説します。

□外壁の劣化の段階についてご紹介します

外壁の劣化の段階は大きく分けて4つあります。
はじめは、壁の色が変わってきたり、汚れが出てくることです。
ホコリや汚れが原因でやがて色あせに変わります。
色あせを放っておくと防水機能が機能しなくなりため、注意しましょう。

次にチョーキングです。
チョーキングとは壁を触るとチョークのような白い粉がつくことです。
外壁が劣化し、塗料の成分が粉上になっている状態です。
チョーキングが起きると外壁の防水効果がなくなってしまうため、一度業者に相談すると良いでしょう。

次はサビとクラック、シーリングの劣化です。
壁にひび割れができていることをクラックと言います。
大きなクラックは塗装膜の下地が割れてしまっている可能性があり、雨水の浸水や下地を腐食させてしまうことがあるため、注意しましょう。
シーリングの劣化とは、外壁の目地に充填(じゅうてん)してあるシーリングが劣化し、ひびが入ることです。
シーリングが劣化すると防水機能がなくなり雨水の侵入を防げないため、気をつけましょう。

そして最後は壁が剥がれることです。
外壁を保護する機能が失われるため、専門家に相談する必要があります。
また、外壁の表面だけではなく下地まで傷ついている可能性があります。

上記の順番で外壁を劣化していくことを知っておきましょう。

□劣化している外壁の対応策とは

劣化のレベルによっては自分で解決できる方法もあるため、劣化の対応策について理解しておき必要があります。
それでは次に、外壁の劣化の対応策についてご紹介します。

*自分で掃除する

汚れの場合はブラシで擦ると汚れが落ちるため、自分で行えます。
外壁のなかなか落ちない汚れは業者に頼むことできれいに掃除してくれます。

*外壁の塗り替え

色あせ、クラック、シーリングの劣化、サビは外壁の張り替えが必要となる場合があります。
色あせている部分やひび割れの部分を修正するため、外壁塗装を行います。
また、張り替えるよりも塗装の方が予算が安いため外、壁のリフォームによく選ばれます。

*外壁の張り替え

色あせ、クラック、剥がれ、シーリングの劣化の場合は張り替えも考えておきましょう。
これらの劣化は状況が狭い範囲の場合は大丈夫ですが、広範囲になると外壁の下地まで損傷している可能性があるため、張り替えなければいけない場合があります。
そのため、劣化がひどい場合は業者に相談すると良いでしょう。

▫︎まとめ

今回は外壁塗装のタイミングについて解説してきました。
外壁の劣化のサインには色あせや汚れ、ひびなどがありましたね。
しっかりとセルフチェックを行い、壁がどのくらい劣化しているか見極め、適切なタイミングで外壁塗装するようにしましょう。
何かお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

外壁塗装に使われる塗料の種類をご存知ですか?


外壁塗装の塗料の種類といえば、皆さんはどのような物を思い浮かべますか。
塗料の種類は何があるかよくわからないという方もいるかもしれませんが、塗料によって耐久年数が違うことを知っておきましょう。
そこで、今回は塗料の種類について詳しく解説します。
ぜひ、お役立てください。

□外壁塗装に使われる塗料の種類をご紹介します

外壁塗装の種類にはさまざまな種類があります。
各塗料によって成分や金額、耐久年数が違うことを理解しておきましょう。
それでは6つの塗料について解説していきます。

1つ目はアクリル塗料です。
アクリル塗料は耐久年数が5~7年と短く、5年以内に解体するときに使われています。
他の塗料に比べ比較的に耐久年数が短いため、アクリル塗料を使う際は注意しましょう。

2つ目はウレタン塗料です。
ウレタン塗料の耐久年数は8~10年です。
ウレタン樹脂からなる成分で、密着性や弾性に優れています。
そのため、外壁に密着性や弾性が必要な場合に使いましょう。

3つ目はシリコン塗料です。
シリコン塗料の耐久年数は10~15年であり、他の塗料に比べ、比較的長いと言えるでしょう。
現在は塗料のシェアの約7割をシリコン塗料でおり、初心者や塗料についてよくわからない方におすすめの塗料です。
また、光沢のつくタイプもあり、キレイなツヤを長期間保持させたい方にもおすすめです。
値段と耐久年数のコスパが良く最もよく使われている塗料の1つと言えるでしょう。

4つ目はラジカル制御形塗料です。
ラジカル制御形塗料の耐久年数は12~15年と長く、耐久年数と料金を考えたときにコスパが良い塗料と言えます。
2012年に登場した非常に新しい塗料であり、今人気の塗料の1つと言えるでしょう。

5つ目はフッ素塗料です。
フッ素塗料の耐久年数は10~15年と他の塗料に比べると長いです。
シリコン塗料の艶に比べ、光沢の保有率はフッ素塗料の方が長いため、光沢を出したい方にもおすすめです。
費用は他の塗料に比べると少し高いため、最高級のグレートと言って良いでしょう。

6つ目は無機塗料です。
有機塗料とは、鉱物などの無機物を配合して作る塗料です。
塗料について詳しい知識が必要なため、塗料に詳しい人や専門的な人が扱うことが多い塗料です。
耐久年数は配合されている成分によって異なりますが5~22年程度と言えるでしょう。

□まとめ

今回は塗料の種類についてご紹介していきました。
塗料の種類にはそれぞれ特徴があり、種類によって耐久年数が変わることを理解していただけたでしょうか。
外壁塗装の際は自宅の外壁に適切な塗料を選びましょう。
当社では塗装工事、防水工事を行っています。
何かお悩みがありましたらお気軽にご相談ください。

スタッフ紹介

  • 堺市堺区
  • 堺市中区
  • 堺市東区
  • 堺市西区
  • 堺市南区
  • 堺市北区
  • 堺市美原区
  • 大阪市
  • その他

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!