ブログタイトル

外壁塗装の色選びでお迷いの方必見!失敗しない色選びのポイントとは?

家の印象を大きく左右する外壁塗装の色選びは、絶対に後悔したくないポイントの1つですよね。
「前回とは違った色味の外壁にしたいけど、色選びで失敗するのが怖い」
そんな方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、外壁塗装で失敗しない色選びのポイントをいくつかご紹介します。

□外壁塗装で失敗しない色選びのポイント

*周りの家の配色を確認する

自分の家の外壁を検討する前に、まずは周りの家に使用されている色味を確認しましょう。
外壁塗装となると、自分の家の外観ばかりに意識を向けがちですが、あまりにも近隣の家と自分の家の配色に違和感があると、塗装後に後悔する可能性があります。
失敗しない色選びでは、周囲の家と馴染む色を選ぶことも重要なポイントといえるでしょう。
また、外壁の配色に明確かつ強い希望がない場合は、周りの家の外観で使用されている色味を参考にして、検討すると良いですね。

*落ち着いた色味を選ぶ

変わった色味や派手な色も組み合わせによっては、外観をおしゃれに仕上げることも可能ですが、かなりのリスクを要します。
そのため、外壁塗装で失敗するリスクを避けるには、比較的落ち着いた色味を選択することがポイントです。
周りの風景と馴染みやすい落ち着いた配色にするには、自然にある色やそれよりも控えめな色を選ぶと良いでしょう。
ベージュ系や白系、茶色系は、自然を引き立たせる色のため、外壁で使用するにはおすすめです。

*配色のイメージを確認する

自分のイメージ内では定まった外壁の配色も、完成後の仕上がりがその通りになるとは限りません。
室内では理想的に見えた色味でも、太陽光に照らすと色の見え方が変わるため、注意が必要です。
自分の中の完成イメージと実際の仕上がりの差を極力なくすためにも、朝、昼、夜の野外での塗料の色味も事前に確認しておくと良いですね。
施工業者にも、具体的な雰囲気や色味を伝え、可能な限り完成イメージを共有できるよう心がけましょう。

外壁塗装が始まったら、中塗りの段階で色の見え方を確認しましょう。
実際に塗装された外壁を客観的に確認することで、配色の最終判断を行います。
もし配色に違和感がある場合は、上塗りの塗料の変更が可能なため、最後まで後悔のない色選びができますね。

□まとめ

今回は、外壁塗装で失敗しない色選びのポイントについてご紹介しました。
外壁塗装後に後悔のないよう、今回ご紹介したポイントと自分の理想の配色を踏まえた上で、外壁の色選びを楽しみましょう。
外壁塗装の色選びでお迷いの際は、ぜひご参考にしてみてください。

外壁塗装が必要なタイミングとは?見極めに必要な3つのポイントをご紹介!

「いつかしようと思っていても、外壁塗装の塗替えのタイミングが分からない」
そんな方も多いのではないでしょうか。
外壁の塗替えが必要な時期は、塗料によって10年、15年と異なるため見極めが難しいですよね。
そこで今回は、外壁塗装の塗替えのタイミングを見極めるための3つのポイントをご紹介します。

□外壁塗装の塗り替えを見極める3つのポイント

外壁塗装の塗替えのタイミングを見極めるためには、外壁の劣化状況について知っておく必要があります。
ではさっそく劣化状況を見極めるための3つのポイントについてご紹介しましょう。

*チョーキング現象の有無を調べる

チョーキング現象とは、外壁の劣化が原因として起こる現象であり、外壁を触ると白い粉が付着する状態を指します。
太陽光や太陽熱、雨風によって運ばれた砂によって塗膜の素材が劣化し、チョーキング現象が起こります。
外壁の劣化は仕方のない問題ですが、チョーキング現象は塗膜が機能していない状態のため、シロアリの発生や湿気等の問題につながります。
見た目にはさほど支障はありませんが、機能性に大きく影響するため、チョーキング現象が起こっている場合は早めに塗り替えましょう。

*クラックの有無を調べる

クラックとは、劣化によって生じる外壁のひび割れを指します。
細かいひび割れであれば、外壁塗装を行うことで補修できますが、放っておくと、雨漏りの原因にもなります。
この場合、外壁の塗り替え等では対処できず、より規模の大きい麹が必要になるため、さらに工事費がかさむことにもつながります。
外壁塗装にかかる費用を最小限に抑えるためにも、外壁のクラックの有無は定期的にチェックするようにしましょう。

*コーキングの劣化状況を調べる

コーキングとは、外壁材同士の間を埋めるために使用するゴム状のパッキンです。
コーキングが劣化すると、外壁材からコーキングが一部剥離し、隙間が生じたり、破断や欠落による雨漏りの問題につながります。
見つけ次第、可能な限り早い塗替えを検討すると良いですが、クラック同様、コーキングの劣化状況においても定期的な確認を心がけましょう。

□まとめ

今回は、外壁塗装の塗替えのタイミングを見極めるための3つのポイントについてご紹介しました。
外壁の劣化状況を知っておくためにも、普段から外壁の状態について把握しておくと良いですね。
外壁塗装の塗り替えのタイミングでお悩みの方は、ぜひご参考にしてみてください。

外壁塗装を行う前に知っておきたい!外壁塗料の機能性の違いとは?

一般的に約10年から15年を目安に、定期的な塗り替えが必要とされる外壁塗装ですが、塗料によって、その機能性や費用は大きく異なります。
「せっかくなら自分の納得できる機能性を兼ね備えた塗料を使いたい」
そんな方のために、今回は外壁塗装を行う前に知っておきたい塗料によって異なる機能性をご紹介します。

□塗料に求める機能性の違い

数え切れないほどの種類がある外壁の塗料の中から、1つを選ぶのは本当に大変ですよね。
そんな塗料選びの際に、1つの判断基準となるのが塗料によって異なる機能性です。
外壁に使用される塗料には、大きく分けて4つの機能性があります。
どの機能を求めるのか、自分の中の優先順位を考えながら選びましょう。

1つ目の耐久性は、価格によって最も違いがでる機能であり、塗料によっては5年でひび割れを起こしてしまうものから、20年以上もつものまで様々です。
基本的に耐久性の高いものほど、価格は上昇する傾向にあります。
耐久性の高い塗料を使用する際、一度にかかる費用はかさみますが、次回の塗り替えのタイミングなどを踏まえて考えると良いですね。
耐久性については、自分が求める耐久性の高さと塗料の価格とを比較した上で検討するようにしましょう。

2つ目の遮熱性は、塗料によって遮熱性が高いものから、全くその機能を持たないものまで様々あります。
遮熱性の高い塗料は、夏場は気温を下げ、冬は暖かさを保つという機能もあります。
非常に魅力的な機能ですが、比較的高額な塗料が多いため、価格に合わせて検討しましょう。

3つ目の防汚性は、汚れにくさや汚れの落としやすさなどに影響します。
防汚性の高い塗料であれば、汚れにくく、汚れがあった際も雨水などで比較的簡単に落とせます。
防汚性の高さは1つ目の耐久性にも関係し、耐久性の高いものほど防汚性の高い傾向があります。
耐久性について検討する際に防汚性についても知っておくと良いですね。

4つ目の光沢性は、塗料の光沢の有無に関わります。
塗料には、光沢のあるものと一切ないものがあります。
光沢性の有無は、価格に関してあまり直接的な影響はありませんが、外壁の仕上がりの印象が変わるため、知っておくと良いですね。

□まとめ

今回は、外壁塗装を行う前に知っておきたい外壁の塗料の機能性についてご紹介しました。
自分の中で求める機能の優先順位をあらかじめ決めておくと良いですね。
外壁塗装に使用する塗料選びでお迷いの方は、ぜひご参考にしてみてください。

スタッフ紹介

  • 堺市堺区
  • 堺市中区
  • 堺市東区
  • 堺市西区
  • 堺市南区
  • 堺市北区
  • 堺市美原区
  • 大阪市
  • その他

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!