ブログタイトル

防水工事って必要?メリットやデメリットについてご紹介します!

「防水工事を考えているが、工事が必要かどうかわからない」
「防水工事のメリットとデメリットが知りたい!」

このように、ご自宅の防水工事を考えている方は多いのではないでしょうか。
しかし本当にする必要があるのか疑問に思っている方もいらっしゃると思います。
そこで今回は、防水工事のメリットとデメリットについてご紹介していきます。

□防水工事とは

防水工事とは、建物の外壁の雨や水の影響が出る部分の劣化を防ぐために防水の処理をすることを指します。
これにより、劣化や建物の中に水が侵入するのを防げます。
雨などの水による劣化は、最初はそれほど気にならないですが長い期間を経て大きな劣化に繋がります。

*工事は必要?

まず、防水工事は本当に必要なのかということについてご紹介します。
住宅はもちろんのこと、特に鉄筋コンクリートの建物は防水工事が必要になります。
その理由は先ほどもご紹介した通り、水が建物の内部に侵入し悪影響を及ぼす可能性があるからです。
さらに、表面の劣化も引き起こしてしまう可能性があり、耐久性が著しく低下します。
たしかに、工事をするためにはある程度のコストがかかりますが水の侵入をそのままにしていると大きな劣化に繋がる場合があるかもしれません。
そうなってしまうと、よりコストがかかってしまうため注意しましょう。
防水工事をして定期的なメンテナンスをしておくことで、結果的にコストも抑えられます。

□メリットとデメリット

防水工事には、大きく分けて、3種類の方法があります。
そのため、以下それぞれの工法とメリットとデメリットについてご紹介します。

*FRP防水

FRPはプラスチック樹脂を使用した方法で、軽量で耐久性に優れています。
また、下地が複雑でも綺麗に仕上げられます。
しかし、紫外線に弱いデメリットもあります。
定期的なメンテナンスが必要の上、地震などの大きな衝撃は耐えられないため注意しましょう。

*シート

シートは、コストがかからず、短期間で施工が行えることが大きなメリットです。
また、機能性から見ると、紫外線や熱に強く耐候性にも優れています。
しかし、シートを上から被せる方法なので下地が複雑な場合は施工できない場合があります。
施工できる業者も少ないので、信頼できる業者をしっかり選びましょう。

*ウレタン

こちらも短期間でコストも安く施工できます。
仕上がりも綺麗でどんな複雑な下地でも施工できるのが特徴です。
大きなデメリットはないですが、完全に均一にならないことや経年劣化に弱いことがデメリットとして挙げられます。

□まとめ

今回は、防水工事のメリットとデメリットについてご紹介しました。
メリットとデメリットにどんなものがあるのか分かって頂けたと思います。
今回の記事を参考に、防水工事について検討してみてください。
何か相談したいことがあれば、是非お問い合わせください。

スタッフ紹介

  • 堺市堺区
  • 堺市中区
  • 堺市東区
  • 堺市西区
  • 堺市南区
  • 堺市北区
  • 堺市美原区
  • 大阪市
  • その他

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!