ブログタイトル

【外壁塗装をお考えの方】塗料の種類についてご紹介します!

「外壁塗装を考えているが、塗料がなかなか決まらず困っている」
「外壁塗装の塗料の種類について知りたい!」

このように、外壁の塗装を考えている方は多いのではないでしょうか。
しかし塗装の種類についてあまり理解していないという方もいらっしゃいます。
塗料にはいくつかの種類がありそれぞれに特徴があります。
そこで今回は、その塗料の種類についてご紹介していきます。

□塗料の種類

塗料には、合成樹脂・添加剤・顔料・水・溶剤などが含まれています。
それぞれの成分には特徴や働きが違います。
そのため、成分の違いは、塗料の違いにつながります。
以下、塗料の種類とそれぞれの特徴についてご紹介します。

*アクリル系

まず、アクリル系塗料についてご紹介します。
アクリル系塗料は、耐久性が低く、現在ではほとんど使われていない塗料です。
重さは非常に軽く、発色がいいのが特徴です。
開発され流通していた当時はひび割れに対して有効だと人気でしたが、汚れやすく耐久年数も4年〜7年と短いので使われる頻度が少なくなりました。

*ウレタン系

次にウレタン系塗料についてご紹介します。
ウレタン系はとてもバランスの良い特徴を持っています。
具体的には、汚れにくさ・耐久性・施工性などどれも安定した効力を持っています。
そのため、昔から今でも多く使われる塗料の1つでコストパフォーマンスも非常に良いです。
耐久年数は、6〜10年と安定した耐久性が見込めるでしょう。

*シリコン系

次にシリコン系塗料についてご紹介します。
シリコン系塗料は、現在最も使用されることの多い塗料です。
耐久性に優れ、汚れにくく防水性にも長けています。
優れた防水性により、カビや藻が生えにくく劣化しにくくなります。
そのため、住宅や商業施設の外壁の張り替えによく使用されるでしょう。
耐久年数は、8〜15年です。

*フッ素系

最後にフッ素系塗料についてご紹介します。
仕上げる際に艶があり綺麗に仕上がります。
また汚れが付きにくく、時間が経っても綺麗に使用できるのが特徴です。
主に大きな商業施設やビルなどで使用されていますが、機能性の良さから一般住宅でも使用されています。
耐久年数は、15〜20年と非常に長いです。

□まとめ

今回は、塗料の種類についてご紹介しました。
それぞれの特徴が分かっていただけたのではないでしょうか。
ご自身に合う塗料を選んで理想の外壁にしましょう。
今回の記事を参考に、外壁塗装について検討してみてください。
また、何か相談したいことがあれば、是非お問い合わせください!

スタッフ紹介

  • 堺市堺区
  • 堺市中区
  • 堺市東区
  • 堺市西区
  • 堺市南区
  • 堺市北区
  • 堺市美原区
  • 大阪市
  • その他

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!