ブログタイトル

定期的な防水工事は重要です!放置しておくとどうなるかを紹介!

「防水工事はした方が良いのかな。」
「放置しておくとどうなるのだろう?」

防水工事は費用もかかりますし、生活にも影響が出てくるためになかなか行う気にならないかもしれません。
しかし、放置しておくこともリスクが高いのです。
今回は、防水工事を行わずに放置しておくとどうなるのかについてご紹介します。

□防水工事を行わずに放置するとどうなるのか

防水工事をしないまま放置しておくと、素材の劣化に伴って雨水や湿気が屋内に入りやすくなります。
雨漏りが起きると、濡れた壁や床が腐食しやすいのはご存じの方も多いのではないでしょうか。
また、湿気については、健康を害するカビの発生などが懸念されるのです。
構造部分の腐食は、木造ではないからといって大丈夫というわけではありません。
鉄も湿気が高いとさびやすくなり、大きく耐久性が低下してしまうのです。
どのような建材も、性能が衰えると衝撃などに耐えるのが難しくなり、最終的には倒壊してしまうこともあります。
そこまで達しなくても、建材が傷んでいることにより大規模に改修する必要が出てくるのです。
結果として、放置しなかった場合よりもはるかに費用がかかってしまうことも多いのです。

□防水機能が低下しているかを調べる方法

ここまでで、放置しておくことのリスクについて紹介しました。
防水機能が低下しているかについては、実際に外に出てみて様子を見てみましょう。
外壁で剥がれている部分や大きなひび割れが見つかった場合は、塗料が性能を失っている証拠です。
塗料は日々の衝撃や雨風などによって徐々に劣化が進み、徐々にこういった症状を起こすようになります。
この状態になりますと、素材そのものに湿気などの影響が及んでいる可能性があるため、早期の点検や工事がおすすめです。
また、屋根については素材の剥がれやずれなどが生じていると雨水が入りやすくなっている状況と言えるでしょう。
他にも、植物や苔などが生えている状態であっても劣化が進んできている可能性があります。
すぐに工事を行う必要はありませんが、気になる場合には点検などをすると良いでしょう。

□まとめ

今回は、防水工事をせずに放置しておくことのリスクと防水機能が問題ないかを確かめる方法についてご紹介しました。
なるべく早期に症状に気付いて対応することが、住宅を守ることにつながります。
実際に住宅の屋根や外壁などを調べてみて、該当する部分があれば工事を検討するのがよいでしょう。

スタッフ紹介

  • 堺市堺区
  • 堺市中区
  • 堺市東区
  • 堺市西区
  • 堺市南区
  • 堺市北区
  • 堺市美原区
  • 大阪市
  • その他

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!