ブログタイトル

屋根塗装をどのような時期にすべきか?ふさわしい季節をご紹介

「屋根塗装をする時期を考えているのだけれども、作業にふさわしい季節とかあるのかな?」

屋根塗装は住宅を足場やシートで覆う大がかりな作業となりますので、なかなか始めようという気にならないかもしれません。
屋根塗装をするのにふさわしい時期を見極めたいですよね。
そこで今回は、屋根塗装をどのような時期にすべきかに関して、おすすめの季節をご紹介します。

□屋根塗装をどのような時期にすべきか?

*屋根塗装ができる条件とは?

屋根塗装の作業はいつでもできるわけではないのをご存知でしょうか?
一般的に湿度が85%以上、あるいは気温が5度以下の気象条件では塗装を行えません。
なぜなら、気温が低すぎると塗料が凍結して成分が変わることで、性能が低下してしまう可能性があるからです。
また、水分や湿気が多い状態では剥がれや膨れを起こしやすくなります。
仮に塗装が行われないとしても、塗料は塗られてから乾燥するまでに時間がかかるものです。
そういった気象条件が長く続く中で乾燥されるのはなるべく避けたいものですよね。

*ふさわしい季節は?

上記のような気象条件がなるべくない季節がふさわしい時期と言えるでしょう。
つまり、雨が少なくかつ温暖なときです。
そういった状態が多くあるのは、秋となります。
台風を除いて集中的な雨が少ないとされている秋は、塗装にふさわしい時期と言えます。
また、地域によって変わってきますが、冬も雨が少ないところが多いですよね。
北日本や日本海側の地域は厳しいですが、太平洋側の地域は乾燥し気温もそれほど下がらないところもあります。
秋と比べると業者の予約も取りやすいという点でも候補として検討されるのも良いかもしれません。

*他の季節は?

春についてはたしかに暖かくはなるため気温は問題ないでしょう。
しかし、地域によってはまだ低いところもあるので注意が必要です。
春についてはむしろ雨の方が厄介で、数日おきに天気が変わるために雨でできないタイミングがどうしても生じてしまいます。
また、梅雨明け後の夏については集中豪雨が多発するので、あまりおすすめできません。
また、高温になるのに窓を開けて空気の調節ができないのも辛い点です。

□まとめ

今回は、屋根塗装をどのような時期にすべきかに関して、おすすめの季節をご紹介しました。
塗装ができる条件として、湿度が85%よりも低く、気温が5度よりも高いことが必要であるという点をまず押さえておきましょう。
その上で、どのような季節がその状態に当てはまるのかをお住まいの地域の気象状況から考えることをおすすめします。

スタッフ紹介

  • 堺市堺区
  • 堺市中区
  • 堺市東区
  • 堺市西区
  • 堺市南区
  • 堺市北区
  • 堺市美原区
  • 大阪市
  • その他

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!