ブログタイトル

屋根塗装に火災保険が使える?!満たすべき条件とは?

「できるだけ少ない費用で屋根塗装がしたい。」
「屋根塗装にかかる費用を抑えるには、どのような方法があるのだろう。」
など、屋根塗装における費用削減の方法について、お悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は、屋根塗装における火災保険について、詳しくご紹介します。

□火災保険とは

火災保険とは、建物に関わるものを保証してくれる保険のことです。
建物に関わるものには、建物本体(ビル・マンション・戸建てなど)や建物内部にある家具などが含まれます。

*保証される対象

建物に関するものが、自然災害の被害にあった場合に、火災保険が適用されます。
主な自然災害として、次のようなものが挙げられます。
・火災
・落雷
・破裂や爆発
・風災
・水災
この中で、屋根の工事に関わっているのは、風災です。

□屋根塗装の際に火災保険に申請できる条件

*風災の被害が認められるとき

屋根に関わる自然災害の種類は、風災です。
風災の対象となる可能性の高い自然現象は台風、暴風、竜巻、雹などが挙げられます。
これらの自然現象に伴い、被害を受けた場合に火災保険に利用することができます。

*風災の対象となる具体的なケース

・台風によって発生する強風が原因で、飛んできたものが屋根にあたり破損した場合
・大雪や大雨により、屋根材が壊れてしまった場合
・台風に伴う豪雨の影響で、雨漏りが発生した場合

以上に挙げたものが、風災として認められる可能性が高い事例です。
そのほかにも、火災保険が適用される事例もあります。
火災保険に申請可能な期間は、風災の被害が出てから3年以内です。

□火災保険を利用する際の注意点

*風災と関わりのない劣化などは、火災保険に適用されない

以下の事例では、火災保険の対象とならないため注意しましょう。
・最大瞬間風速が20メートル/以下の風により被害を受けた場合
・新築時から雨漏りしていたなど、もとからその状態だった場合
・劣化により、症状が発生した場合。

*保険申請の仲介は避けたほうが良い

屋根塗装における火災保険の申請は、その他の保険の申請に比べて簡単です。
その理由として、自動車事故のように加害者や被害者がいないためです。
保険申請の仲介を依頼することは、トラブルの原因になる可能性があるため、保険会社も認めていません。
保険申請の仲介は避け、自分で申請しましょう。

□まとめ

今回は、屋根塗装における火災保険について、詳しくご紹介しました。
屋根塗装は大きなお買い物です。
工事を依頼する前に、火災保険が適用されるかどうか考えることで、費用を抑えられるかもしれません。
費用を抑えて、賢く屋根塗装をしましょう。

スタッフ紹介

  • 堺市堺区
  • 堺市中区
  • 堺市東区
  • 堺市西区
  • 堺市南区
  • 堺市北区
  • 堺市美原区
  • 大阪市
  • その他

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!