ブログタイトル

知っておくべき!防水工事の工程についてご紹介!

「雨漏りが心配なため防水工事をしたいが、どのように行われるのだろう?」
「防水工事が始まる前に、作業の流れについて知りたい!」
など、防水工事の工程について、疑問を持たれている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は、防水工事における工程についてご紹介します。

□防水工事の工程

*高圧洗浄

防水加工を行う場所が汚れていると、その後の作業の質が落ちてしまいます。
そのため、高圧洗浄でコケや砂ほこりなどを徹底的に取り除きます。
下地がきれいな状態だと、防水効果のある塗料の密着率が上がり耐久性も上がるため、とても重要な作業です。

*下準備

外壁のつなぎ目やサッシ廻りに使用されているシーリングを取り除きます。
シーリングはゴムでできているため、時の経過とともに硬化し、防水の役割を果たさなくなってしまいます。
そのため、古いシーリングを撤去し、新しいものへと補修します。
また、下地が浮いていたり一部剝がれていたりする場合もあるので、下地も剥がして補修します。

*防水シートの貼り付け

防水工事のメインである防水シートを張ります。
風などに強い、丈夫な素材でできているため、雨漏りを徹底的に防ぎます。
防水シートの代わりに、ガラスマットや通気緩衝シートが使用されることもあります。

*防水層の形成

主剤をまんべんなく塗布していきます。
塗料が乾いてから塗りなおすことで、2重3重に防水層を形成する場合もあります。

*仕上げ

防水シートの接続部分から水分が侵入しないように、トップコートと呼ばれる塗料を塗って仕上げをします。
トップコートには防水効果の維持だけでなく、紫外線から保護する効果もあります。

□防水工事における注意点

防水工事の工程を知って、業者に依頼せずに自分でできるかもしれないと思った方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、ベランダの防水などをDIYすることはおすすめできません。
家庭用の塗料と業者が準備できる塗料には、耐久性と性能において大きな差があることが、大きな理由です。
また、個人ではきれいに仕上げることも困難なため、防水工事は業者に依頼することの方が無難でしょう。

□まとめ

今回は、防水工事における工程の流れについて、ご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?
工事が始まる前から、どのような作業が行われるのかを知っておくと、業者に安心して防水作業を任せることができます。
さらに防水工事について知りたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

スタッフ紹介

  • 堺市堺区
  • 堺市中区
  • 堺市東区
  • 堺市西区
  • 堺市南区
  • 堺市北区
  • 堺市美原区
  • 大阪市
  • その他

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!