ブログタイトル

外壁塗装のプロが勧める!目的別の外壁におすすめの色!

「外壁塗装をしたいけれど、どの色がいいのだろう?」
「絶対に失敗したくないから、外壁の色選びは慎重に行いたい。」
など、外壁塗装の色について、お悩みに方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は、三つの目的に分けて、外壁塗装におすすめの色について、ご紹介します。

□きれいな状態を長く保ちたい

*汚れが目立ちにくい色

汚れないようにどれだけ気を付けていても、壁は風雨にさらされて、時間の経過とともにどうしても汚れてしまいます。
そこで、汚れが目立たない色を選ぶことが、長期間外壁をきれいに見せるポイントです。
ベージュ・グレーなどの中間色が、汚れの目立たない色とされています。
これらは、汚れの色と似ているため、汚れを目立たなくします。

*色落ちしにくい色

外観が汚くなる原因として汚れ以外にも、色あせして見た目が悪くなることがあります。
また、色が薄くなると、古びたように見えてしまいます。
色あせを防ぐには、赤や黄色、紫などの鮮やかな色は避けたほうがよいでしょう。
鮮やかな色は、太陽光の影響を受けやすいため、黒や白に比べて色落ちしやすいようです。

□冷房費を節約したい

*光を吸収しにくい色

室内の気温が上がる大きな原因は、太陽光が家にあたることです。
光を吸収しにくい淡い色を選ぶことで、室内の温度上昇を抑えることができ、高熱費の節約につながります。
遮熱塗料を使うことでも対策はできますが、白などの淡い色を選ぶことも大変有効です。

□虫除けをしたい

*虫が寄ってくる原因

虫の種類にもよりますが、数多くの虫は共通して紫外線に反応します。
そのため、虫は色そのものではなく、紫外線の反射率が高いものに集まってくる傾向があります。
紫外線の反射率が低い色を選ぶことで、虫が寄ってくる確率を下げましょう。

*虫除けの効果が期待できる色

虫が集まりにくい色は、黒・グレー・ブラウンなどの濃い色です。
濃い色はより光を吸収しやすい特徴があるので、紫外線の反射率も低くなります。
ただし、光を吸収するということは、室内の温度が上がりやすいということでもあるので、注意が必要です。
また、紫は濃い色ですが、紫外線の反射率が高いので気を付けましょう。

□まとめ

今回は、目的別に外壁塗装におすすめの色について、ご紹介しました。
その時の気分で色を選ぶと、のちに違う色のほうが良かったと後悔するかもしれません。
目的に合わせて色を決めることで、失敗を未然に防ぐことができます。
色それぞれのメリット・デメリットを理解し、満足できる外壁塗装をしましょう。

スタッフ紹介

  • 堺市堺区
  • 堺市中区
  • 堺市東区
  • 堺市西区
  • 堺市南区
  • 堺市北区
  • 堺市美原区
  • 大阪市
  • その他

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!