ブログタイトル

外壁塗装を検討中の方へ!知っておくべき専門用語!

「はじめての外壁塗装で、説明がしっかり理解できるかどうか不安。」
「外壁塗装に関わる用語って、どのようなものがあるのだろう?」
など、外壁塗装の専門用語について、お悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は、外壁塗装において知っておくべき専門用語について、ご紹介します。

□塗料に関する用語

*耐候性

塗料の性能を表すための用語の1つです。
風雨にさらされている状態や、直射日光が当たっている状態で、どれほどの耐久性があるかを示します。
基本的には、乾いたときに表面の硬化が高い塗料が、耐候性も高いといわれています。
そのため、塗り替えが困難なビルやマンションには、硬化が高いものが使われています。
ただし、ビルやマンションに使用される塗料はとても高価なため、一般住宅ではほとんど使われません。

*シリコン塗料

塗料には、ウレタン系・シリコン系・フッ素系塗料などの種類があります。
その中で、現在多くのケースで使用される塗料がシリコン塗料です。
選ばれる理由として、価格が安いことや、耐用年数が向上していることが挙げられます。
吸着性や安定性があり、外壁塗装において防汚性を発揮する特徴があります。

*ウレタン塗料

耐候性・耐水性に優れており、万能系の塗料として知られています。
また、柔らかい塗料のため細かい部分の塗装に適しています。
耐久年数は、7~10年程度です。

□塗装工事の施工に関する用語

*チョーキング

外壁に塗ってあったペンキが剝がれて、触ると白い粉のようなものが手につく現象です。
この現象は、外壁塗装が必要なことをあらわすサインの1つです。
また、チョーキングは訪問販売に使われる定番の話題です。
外壁について悪い面だけを伝え、塗り直しを勧めてくる業者は詐欺の可能性があるので、注意が必要です。

*縁切り

屋根材と重なり合う部分に塗料がたまることがあります。
その塗料を、取り除くことを縁切りと呼びます。
放置しておくと雨水がたまってしまい、漏水の原因となる可能性があるので、とても重要な作業です。

*養生

塗装しない場所を、シートやビニールテープで覆う作業のことです。
塗装の作業中に、キズや汚れが付かないようにするために行われます。
マスキングとも呼ばれています。

□まとめ

今回は、外壁塗装において知っておくべき専門用語について、ご紹介しました。
事前に外壁塗装に関わる用語を知っておくと、塗装工事の内容もしっかり理解できて安心です。
要望もきっちりと業者に伝えて、外壁塗装を成功させましょう。

スタッフ紹介

  • 堺市堺区
  • 堺市中区
  • 堺市東区
  • 堺市西区
  • 堺市南区
  • 堺市北区
  • 堺市美原区
  • 大阪市
  • その他

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!