ブログタイトル

外壁塗装で用いられている無機塗料とは何なのか?

「外壁塗装を検討している。」
「無機塗料って何?」
上のように考えている方はけっこういるのではないでしょうか。
外壁の塗装を検討している方のなかには無機塗料が何かわからない方もいると思います。
そこで今回は、外壁塗装における無機塗料についてご紹介します。
□無機塗料とは

現在、塗装において主流となっているものは
ほとんどが有機塗料なので、無機塗料はそんなに知られていません。
有機塗料は名前にあるように有機物の合成樹脂が入っている塗料です。
対して、この合成樹脂が入っていないものを無機塗料と言います。
耐候性に優れているので劣化しにくく、比較的に長い期間持つでしょう。
主成分としてセラミックやケイ素などが配合されています。
□メリット

*耐候性
先程もご紹介したように耐候性が高いです。
基本的に15年以上は持つと言われています。
さらに無機物は水や紫外線の影響をほとんど受けません。
このことから、高い耐候性を誇り、長い期間塗装の膜を保護可能ということです。

*不燃性
この塗料には炭素が入っていません。
それにより、不燃性という特徴を持っています。
この特徴は火事が発生したときに二次災害を防げるので、非常に役立つでしょう。

*防カビ、防苔性
みなさんはなぜ壁にカビや苔がよく発生するのかご存知でしょうか。
実はカビや苔の栄養になる成分が有機塗料に入っているからです。
これに対して、無機塗料はこれらの成分が入っていません。
カビや苔は景観だけでなく塗装の膜を劣化させ、耐候性を下げる危険があります。
無機塗料であればこのような心配をせずにすむでしょう。
□デメリット

*価格
無機塗料は先程ご紹介したようにとても優れた性能を誇っていますが、
その分費用がかかります。
しかし、長持ちするので長い目で見るとお得かもしれません。

*ひび割れ
無機塗料の特徴には塗装の膜が比較的硬いという点が挙げられます。
硬いのはいいことではないのかと疑問に思う方もいるのではないでしょうか。
実は硬いということは伸縮性が低いことを意味するので、ひび割れを起こしやすいのです。
ひび割れが嫌な方は有機塗料のほうがおすすめかもしれません。
□まとめ

これまで外部塗装における無機塗料についてご紹介してきました。
有機塗料に比べてさまざまな面で優れていることを知っていただけたでしょうか?
しかし、有機塗料には無機塗料にないメリットもあります。
そのため、どんな外壁塗装を求めているのかをハッキリさせ、
自分に合ったほうを選びましょう。

外壁塗装の工事の流れについてご紹介します

「外壁塗装を依頼したい。」
「塗装工事はどんな流れか知りたい。」
このように考えている方はけっこういるのではないでしょうか。
外壁塗装を検討しているほとんどの方が工事の流れを知りたいと思います。
そこで今回は、外壁塗装の工事の流れなどについてご紹介します。

□外壁塗装の目的

外壁塗装の工事の流れをご紹介する前に知識として外壁塗装の目的をご紹介します。

*建造物を守る
外壁塗装を行うことで壁が膜によって守られます。
この膜には水をはじく性質があるので、水分が入ることを防いでくれます。
これにより壁の劣化を抑制し、結果的に建造物を守ってくれるでしょう。

*見た目をきれいにする
外壁は建物を見たときに最も目に入る部分です。
その大切な部分にヒビや割れ目があっては見た人に良くない印象を与えるでしょう。
外壁塗装することでまるで新築のような壁に戻せます。
色を変えて気分転換することも可能です。
□外壁塗装工事の流れ

外壁塗装工事の簡単な流れについてご紹介します。

まずは高所でも安定して作業を行うために家の壁面に足場を作ります。
足場にもさまざまな種類がありますが、あまり理解しておく必要はありません。

次に壁の高圧洗浄を行います。
壁にカビや汚れがあると新しく塗装してもすぐ剥がれてしまうでしょう。
そのため、強力な水圧によってカビや汚れを落としていきます。

一通り洗浄したあとは下地の処理を行います。
ヒビや割れ目を修理しなければそのまま残ってしまうので塗装しても意味がありません。
そのため、ヒビや割れ目を埋めて根本から補修していきます。
もしものためにも職人が見逃していないかチェックするといいかもしれません。
さらにより塗装に適した下地にするため、剥がれかけの塗装を取る、
サビを取る、表面をきれいにするなど調整を施します。

これらが済んだら壁以外に塗料がつかないようにカバーをしていきます。
けっこう飛び散るので塗料をつけたくないところはちゃんとカバーをしてもらいましょう。

ここから外壁塗装の作業に入ります。
まずは接着塗料で下塗りしていきます。
これを行わないと塗装はすぐに剥がれ、長持ちしません。
下塗りが済んだら、塗装を厚くするための中塗り、仕上げの上塗りの順で行っていきます。

すべての工程が完了すると確認作業に入ります。
塗り残しやはみ出しはないか一緒にチェックしてください。

最後に足場を解体して外壁塗装工事完了となります。
□まとめ

ここまで外壁塗装の工事の流れなどについてご紹介してきました。
どのように工事が進んでいくのか知っていただけたでしょうか?
ご紹介したように外壁塗装は家を守ることに繋がります。
家を守るためにも外壁塗装を依頼してみてはどうでしょう。

外壁塗装の知識、ローラーと吹き付けの違いは?

「外壁塗装について知りたい。」
「ローラーと吹き付けは何が違うの。」
このように考えている方はけっこういるのではないでしょうか。
なかにはローラーと吹き付けはどう違うのか知らない方も多いと思います。
そこで今回は、外壁塗装の知識やローラーと吹き付けの違いについてご紹介します。
□外壁塗装の知識

外壁塗装の知識としてここではなぜ外壁塗装をするのかという目的についてご紹介します。
外壁塗装をする目的は一般的に以下の2つが挙げられます。

*建造物を守る
外壁塗装を行うことで壁が膜によって守られます。
この膜には水をはじく性質があるので、水分が入ることを防いでくれます。
これにより壁の劣化を抑制し、結果的に建造物を守ってくれるでしょう。

新築、または塗装のあとに時間が経つといずれ、壁の塗装部分に劣化が生じます。
外壁塗装でこの劣化を改善してください。
劣化を放っておくと建物のなかに水が染み込み、いろいろなものを腐らせます。
このように建物のなかが腐ってしまうと外壁塗装以上の費用がかかってしまいます。
外壁塗装はこれを防ぐためという役割も担っているということです。

*見た目をきれいにする
外壁は建物を見たときに最も目に入る部分です。
その大切な部分にヒビや割れ目があっては見た人に良くない印象を与えるでしょう。
外壁塗装することでまるで新築のような壁に戻せます。
色を変えて気分転換することも可能です。
□ローラーと吹き付けの違い

ローラーによる外壁塗装はその名の通りローラーで塗料を塗る方法です。
これに対し、吹き付けによる塗装は塗料を専用器具で吹き付けます。
塗ったときに作られる膜の性能には大きな違いはありません。
ではこの2つの方法はどのような違いがあるのでしょうか。
この2つの塗装方法はそれぞれ以下のような特徴を持ちます。

*ローラーの特徴
ローラーは塗料を無駄なく塗れるというメリットを持ちます。
さらに簡単に厚塗することも可能です。
でこぼこな壁であっても毛足が長めのローラーを使うことで対応できるでしょう。
しかし、ローラーには時間がかかるというデメリットもあります。

*吹き付けの特徴
吹き付けは短い時間でできるというメリットを持ちます。
さらに仕上がりがきれいで模様も豊富にあります。
しかし、吹き付けによる外壁塗装は塗料が飛び散るため、
塗料を無駄遣いすることになるでしょう。
加えて、でこぼこな壁に対してもあまり適していません。
□まとめ

ここまで外壁塗装の知識やローラーと吹き付けの違いについてご紹介してきました。
外壁塗装の目的についても知っていただけたでしょうか。
ご紹介したようにローラーと吹き付けは一長一短です。
そのため、家の壁に適した塗装方法を選択しましょう。

スタッフ紹介

  • 堺市堺区
  • 堺市中区
  • 堺市東区
  • 堺市西区
  • 堺市南区
  • 堺市北区
  • 堺市美原区
  • 大阪市
  • その他

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!